• HOME
  • LED蛍光灯の取り付け工事について

蛍光灯の取り付け工事について

LED蛍光灯への交換時のご注意

従来の蛍光灯からLED蛍光灯へ交換する際は、安心・安全にご使用いただくために、既存の照明器具内にある安定器(配線)を外す電気工事が必要になります。JIS(日本工業規格)によると、安定器の交換目安は10年ですが、実際にはそれ以上に使い続けている例が多いのが実情です。しかし、LED蛍光灯用に設計されていない古い安定器を使い続けると、無駄な電力と負荷がかかり、発火の危険性があるのです。
ですから、LED蛍光灯への交換をご検討の際は、必ず専門業者へご相談ください。

LED蛍光灯への交換時のご注意

古い照明器具にそのままLEDを装着するとどうなるか

■ 照明器具の焦げや焼損事故、火災が発生する恐れがある
■ 安定器、ソケット、電線などの劣化により、LED蛍光灯が落下する恐れがある
■ 新しい蛍光灯に換えても、すぐにちらつき始める
■ 交換時期が早まる
■ 無駄な消費電力がかかり、せっかくLEDにしても経済的メリットが低い
■ 安定器の寿命がきたら、LED蛍光灯もつかない

古い照明器具にそのままLEDを装着するとどうなるか

「工事不要タイプのLED蛍光灯」を使えば大丈夫?

市場で手に入るLED蛍光灯の中には、「工事不要タイプ」という種類も出回っています。その名の通り、従来の照明器具を工事することなく、そのまま取り付けができるLED蛍光灯です。しかし、この種類は構造的にも経済的にもオススメできません。

■理由その1 選び方が難しい
既存の照明器具内にある安定器には蛍光灯の種類によって「電子式」と「磁気式」があり、LED蛍光灯も安定器に合わせて選ぶ必要があります。しかし、素人にはまず判断ができません。もし、選び方を間違えて使用した場合、ショートして発火する恐れがあるため、このタイプを購入する際は、必ず専門業者へご相談ください。

■理由その2 無駄な消費電力がかかる
既存の照明器具は工事不要で経済的ですが、実は工事不要タイプのLED蛍光灯そのものが高価です。いっそのこと、バイパス工事をして通常のLED蛍光灯を購入した場合と、あまり差がないこともあります。さらに、古い安定器を使う場合は余計な消費電力がかかり、1台につき5W程度消費します。電気代にすると1か月20〜30円の上乗せですが、長い目で見てトータルコストを判断しましょう。

■理由その3 安定器の寿命と同時に点灯しなくなる
安定器にも寿命があり、これが壊れてしまうとLED蛍光灯も点灯しません。また、安定器の寿命が近くなっても、LED蛍光灯は従来の蛍光灯のように異音を発したりちらついたりのサインを出してくれません。安定器の異常に気づかないまま使い続けると、発火につながる恐れがあります。JIS(日本工業規格)によると、安定器の交換目安は10年。せっかく長寿命が特長のLED蛍光灯に付け替えても、古い安定器が先に寿命を迎えることはまず間違いありません。安定器を取り換えるとなると、9,000円(1台2灯式の場合)ほどする上に別途工事費もかかります。それならば、LED蛍光灯に交換する前に、面倒でも照明器具のバイパス工事をした方が、トータルコストもメンテナンスの手間も削減できるのではないでしょうか。

古い照明器具にそのままLEDを装着するとどうなるか

従来の蛍光灯からLED蛍光灯に交換する場合、照明器具の配線工事(バイパス工事)が必要ですが、まれに工事ができない照明器具も存在します。「グロースターター式」で「グロー管とソケットが一体式(グロー一体式蛍光灯器具)」がそれにあたります。グロースターター式は一般的に器具にグロー管が刺さっていて、このタイプはLED蛍光灯用にバイパス工事が可能です。
さまざまなケースをご説明してきましたが、素人判断では危険が伴うことがありますので、いずれにしてもLED蛍光灯をご検討の際は、専門業者へのご相談をオススメします。

古い照明器具にそのままLEDを装着するとどうなるか